マリー・クレール・イデはおしゃれな手作りアイデアがいっぱい

今回、載せていただいたフランスの雑誌、マリー・クレール・イデ(検索すると日本語では「イデ」となっていたり「イデー」となっていたりバラバラのようですが、原語からしたら「イデ」の方が近いかな、と思うのでここではそのようにします)は、先日も書いた通り、私がもっとも古くから購読している雑誌です。

 

たぶん、いえ、間違いなく、フランス人で、手芸やハンドメイドやDIY(そういえば昔は日曜大工なんてイケてないネーミングでしたよね)を愛する人たちでマリー・クレール・イデを知らない人はいないでしょうし、数ある同系雑誌の中ではダントツにハイセンスでおしゃれです。これはもう、きっぱり断言しちゃいます。

 

私自身は手芸はほとんどやらないのですが、とにかく誌面を眺めているだけで楽しいし、写真も素敵で、インテリアや紹介されているお店、手作りアイデア(かなりの上級者向けからビギナーでも作れそうなものからいろいろ)も、フランスらしいシックなセンスで満ちています。

 

そしてこのマリー・クレール・イデ、よく「動物もの」が取り上げられるのです。いろんな動物をモチーフにしたインテリア小物や刺繍、ニットや洋服などなど、どれもとっても素敵で昔から大好きでした。ひょっとしたらPet Artの構想にも無意識のうちに影響を受けていたのかも、といま思い至りましたw ちなみに子どもや赤ちゃん向けの手作りアイデアもとってもおしゃれです。

 

最近では日本にいても外国の雑誌が購読できるようですし、サイトもあるので、フランス語が分からない、という方でも写真を見るだけでうっとりすること請け合いです。お時間のあるときにぜひ眺めてみてくださいˆˆ

 

Pet Artに参加してくださっているアーティストや作家の方々も、もちろんマリー・クレール・イデが大好き。なので、今回Pet Artのサービスが記事になったことを皆で喜んでいます。これをきっかけに、Pet Artがより多くの方々に知ってもらえるといいなぁ〜

最新号のマリークレールイデ表紙。クリスマスの素敵なアイデアがいっぱい。